株式会社 篠田工務店

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み

ZEH住宅とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、
ご家庭の年間一次エネルギー消費(冷暖房などの空調、給湯、換気、照明のエネルギー消費)を、
「省エネ+創エネ」によっておおむねゼロを目指そうとする住宅のことを言います。

政府は「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)として、
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、
2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」
とする政策目標を設定しています。(経済産業省HPより)

経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEH ロードマップの検討をおこない、
そのとりまとめを2015年12月に公表しました。

ZEH

篠田工務店は今までのゼロエネルギー住宅施工の実績を生かし、「ZEHビルダー登録」をします。
ZEHビルダー登録をすることにより、国からの補助金をお客様に反映される制度が適用されます。

≪篠田工務店の今後のZEH・Nearly ZEHの受注目標≫
目標値 平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
全受注における
ZEHの割合
10% 10% 20% 30% 50%
ZEH