Italica.68 木製サッシ

イタリカ.68

イタリア製高級木製サッシ「Italica.68」

≫「Italica.68」は、イタリア大手木製サッシメーカー PB FINESTRE社が日本の工務店のために手掛けたオリジナルコラボ商品。日本の性能基準より厳しいといわれるヨーロッパで、すべての性能基準を満たしているサッシです。

≫窓枠にはレッドパイン無垢集成材を使用。サッシ枠として流通しているアルミニウム・樹脂・木の中で、最も熱伝導率が低いのが木製枠なのです。

≫ 4mmのトリプルガラス、Low-E仕様。12mmの空気層。ガラスに挟み込むスペーサーといわれる部材も、94%熱を損失しないPB社オリジナル部材となっています。

断熱性能

窓の断熱性能にこだわりました

≫ 暑さ寒さの原因のほとんどが窓と言われています。
木製サッシ「Italica.68」は、外気の温熱環境に左右されない高い断熱性能をもったサッシ。
熱貫流率(熱の通しやすさを表した指標)で比較した場合、群馬県の基準値(沼田など:1.91 前橋・高崎など:4.07)を余裕で満たす高い性能値(1.4)を誇ります。
世界的にも厳しいといわれるヨーロッパのサッシ基準値をクリアしたサッシの導入が、この住宅「italica」で可能になります。

ドレ―キップ窓

全ての窓がドレーキップ窓

≫木製サッシ「Italica.68」は、すべての窓がドレーキップ窓になっています。
ドレーキップというのは、通風が必要な時には上部が内側に倒れてくるいわゆる「内倒し」の窓として機能し、掃除をするときや全開口させたいときは「内開き」にもなるというもの。
ドイツ以北のヨーロッパ諸国では一般的な窓です。閉めるときは押し付け締め付けるので、断熱性だけでなく気密性も非常に優れています。
日本の住宅に取り入れるには非常に高額なサッシですが、「italica」では、すべての窓がこの「Italica.68」ドレーキップ窓となります。